好評配信中!無料先出しシナリオの登録はこちらから!

テクニカル分析の基礎、買い目線?売り目線?目線を固定しよう

テクニカル
この記事は約3分で読めます。

▼2020年10月23日(金)午後1時過ぎのドル円1時間足チャートです。

 

 

買い目線でしょうか?売り目線でしょうか?

ツイッターでアンケートして見ました。

投票ありがとうございました。

答えは半々くらいになりましたね。

正解は、売り目線です。

 

「え?正解なんてあるの?」と思われる方もいるかもしれません。

そう思われる方は、たぶん、「目線=予想」という認識かも。

「買い目線ですか?売り目線ですか?」

の質問は、

「買い予想ですか?売り予想ですか?」

と変換されて読んでいる人もいるでしょう。

 

以前、「ドル円上がるか?下がるか?」というアンケートを何度かやっていたことがあります。

これはみなさんの予想を聞いたものです。

「予想は外れるものです」

単純に考えると、上げ下げの確率は50%ですが、人の予想は外れる確率が高いです。

これは大昔の相場師の方の話でもありましたが、50%を超えることはできません。

信じられない人は、アンケートやって見て下さい。

予想というものは外れる確率が高いのがわかるでしょう。

昔、ニコニコ生放送というネット配信で、ドル円予想アンケート毎日やっているものがありました。

ほんとよく外れます。高確率で外れてました。

 

 

予想は誰にもできません。未来は誰にもわかりません。

これが大前提になります。

今回、目線の話はテクニカル分析の基礎になりますから、テクニカル分析の前提をわかっておく必要があります。

テクニカル分析は未来分析ではなく現状分析をするものです。

「ん?未来を予想(予測)するために分析するんじゃないの?」と思われた方は、

まずは▼下の記事から読むことをお勧めします。

テクニカル分析で未来の予測はできない

 

 

今回のアンケートは予想では無く目線を聞いた質問でした。

いま現在、買い目線か?売り目線か?

 

トレードで勝つには、未来を予想するために分析するのではなく、現状を分析する必要があります。

買い目線、売り目線も、現状を分析する、ひとつのものさしになります。

 

▼詳しく動画解説しました。

FXテクニカル基礎、目線を固定して見よう【売り買い迷わないために】

 

 

動画内で話している、サポートライン、レジスタンスライン、ロールリバースについて、
▼詳しくは下記リンク先の記事から。

ライントレードとは?